Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.                                     . 拍手する

王様の誕生日

今日、12月5日はタイの前国王の誕生日。

例年なら街は電飾で飾られ、花火なども上がって国中で王様の誕生日を祝った。

しかし、今年10月に国王が逝去。今年はどんな一日だったのかなぁ・・・。

街行く人は黒服に身を包んでいるというし。

王様が亡くなってから、東京・目黒のタイ大使館に記帳に行ってきた。

タイは十何年も過ごした私の第2の故郷。王様が亡くなって本当に悲しい。

記帳して王様のご冥福を祈らせていただいた。


帰り際、大使館の職員から「これをお持ちください」とバジルを2袋もらった。

「記帳に来た人に差し上げて下さい」とタイの方が持ってきたそう。

タイの人は優しい。タイ人のホスピタリティは天下一品だと思う。


今日は王様を悼む一日になった。
スポンサーサイト

.                                     . 拍手する

秋も深まってきました

っていうか、11月7日は立冬だったそうですね。

そう、暦の上では、もう冬になるんですね。。。朝晩、めっきり寒くなりましたもんね。


5か月ぶりのご無沙汰でした。消えちゃっているんじゃないか・・・と心配しながら開きました。

さて、この5か月の間に、なんとヤンゴンから帰国し、日本で生活しています。

毎日毎日毎日毎日毎日片付けに追われ、気がついたら夏が過ぎ、秋も終わって冬になっていた・・・という感じです。


ヤンゴンは1年だけだったので、すんなりと日本の生活に入れたのですが、今度はだんなもいる(!)ので、いままでのようにはいきません。。。(はぁ~)

というわけで、なにかと忙しく過ごしておりました。

あまりに更新が少ないブログですが、以前に書いたものもあるので、とりあえずこのまま残しておきます。

少し落ち着いてきたので、そのうちまた更新します。

.                                     . 拍手する

パヤー

娘を塾に連れて行って待っているとき、
ミャンマー人の先生がくしゃみをした。

ハックション!! ×××

??? ん? 今なんつった??

「先生、今、くしゃみのあと、何か言いましたか??」


「え? ああ、『パヤー』と言いました。」

「パヤー?」

「はい。自分がびっくりした時にいうんです。『パヤー』は『おしゃかさま』。びっくりしたときに、『おしゃかさま助けて!』という意味で言うんです。」とのことだった。

ほかにも、何かにつまづいて転びそうになったときにも言うんだとか。

ただし、ミャンマー人全員がいうのかと思いきや、そうではないらしい。言う人と言わない人がいるんだって。

近くのミャンマー人がくしゃみをしたら、『パヤー』というかどうか観察してみてください。

.                                     . 拍手する

パダウ

19日に雨が降ってから、楽しみにしていたことがある。

それは、「雨の翌日に咲き、1日で散ってしまう」と言われている「パダウ」の花を見ること。

パダウはミャンマー人にとても愛されている花で、例年、ミャンマー正月の頃の少雨のあとに咲くのだそう。
だから、日本への一時帰国で見ることはできないとあきらめていた。
しかし、ミャンマーに戻ると、今年は例年ある少雨がなかったせいで、パダウはまだ咲いていないと言っていた。

いまか、いまかと雨を待っていたが、雨は一向に降らなかった。つぼみのまま落ちてしまった花もあるといわれ、「やはり見られないのか・・・」とあきらめかけていた。

そこへ19日に待望の雨。

20日、走る車の中からパダウを探す。しかし、見つけられなかった。

そして日曜日。近所の市場を歩いていると、野菜に黄色い花が添えられていた。

IMG_8131_R.jpg

あ! パダウだ。

見上げると、野菜売りの真上に黄色い花が咲き乱れていた。

IMG_8145_R.jpg
もしかして、この木の枝を折ったのかな??

よく見ると、そこここに黄色いパダウの花が咲いていた。

IMG_8183_R.jpg
この木は藤の花のように房になっているように見える。

1日、あるいは2,3日で散ってしまうというパダウ。年に1度、酷暑の時期の少雨の後に咲くなんて、なんて粋な花なんでしょう!
ミャンマーのお正月の時期でもあるため、いまかいまかと開花をみんなが心待ちにする花。そんなところも日本の桜に通じるところがある。日本人が、春の訪れ、桜の開花を心待ちにするのと同じように。

命短いパダウを見られてよかった。

IMG_8187_R.jpg
月曜日。花の命が尽きたのか、強い雨に打たれてか、散ったパダウが歩道を黄色く染めていた。

.                                     . 拍手する

待望の雨

5月19日。

ヤンゴンで待望の雨が降りました。

例年、4月のミャンマー正月の水かけ祭りの頃に軽く雨が降るらしいのですが、今年はまったく降らず・・・。

去年の4月を知っている人は口々に「今年は暑い!」と言っていました。

雨が降った翌日に咲くと言われているパダウの花も、つぼみのまま落ちてしまっている木がある・・・とも言われ、酷暑に参っていた。

そこへ恵みの雨。

19日は40分ほど降っただろうか。乾ききった土を潤し、40度を超える熱気を含んだ空気を冷やしてくれた。

みんな待ち望んでいた雨。

サイクロンの影響で週末に大雨の可能性も言われていたが、降ったりやんだりの週末だった。

あれほど待ち望んだ雨だけど、ヤンゴンの雨はハンパないので、しばらくしたら、「もう雨はうんざり」と思うに違いない。

金曜日も横殴りの雨で傘は役に立たず、びしょぬれ。

「適度に」降ってくれればいいのだけど・・・。






.                                     . 拍手する

暑季到来

今日で2月も終わり。

2月のはじめ、住まいの中庭のマンゴーの木をみたら、花が咲いていた。
IMG_5112_R.jpg
薄い黄緑の杉の子みたいなもののさきに花がついている。

雨季とともにマンゴーの季節となるが、マンゴーの木は確実にその準備を始めていた。

今日、その木をみてみたら、かわいい、小さな実をつけていた。日に日に大きくなってあの独特な形の実を垂れるのだろう。
IMG_6162_R.jpg
できる限りのアップ! 杉の子のさきっぽに丸いちいさな実。見えますか?

2月の中旬ごろから暑季に入ったようで、朝晩の冷え込みも薄れ、日中はとても暑くなった。

タイの国花といわれるゴールデンシャワートゥリーの花もすでに咲き始めており、タイよりやや早い感じがした。

そういえば、ミャンマーの国花って?と思って調べてみたら、インド紫檀とタジンとありました。国花は法律で決められているものではないらしく、国民に愛されている花が国花になっているらしい。

インド紫檀はこちらでパダウと呼ばれており、わずか1日(あるいは2日)で散ってしまうのだそう。

4月の酷暑の時期に咲くそうで、ミャンマーのお正月の水かけ祭りのシンボルになっているということなんだけど、その時期一時帰国しているので、見ることはできない。ちょっと残念。

もうかなり暑くて参っているが、これからますます暑くなると言われているのでちょっと憂鬱。。。

暑さに負けず、がんばろう!!



.                                     . 拍手する

NO BETEL

今年の1月頃、ミャンマープラザというショッピングセンターがソフトオープンしました。

ソフトオープンとは、とりあえず開けられるテナントだけお店をオープンさせて、あとは順次・・・というこちらではごく当たり前な手法。

「オープンしたてのとき行ってきた」という友人の話では、ナイキやアディダスなどのお店が数店舗とレストランにいたってはほんの2,3軒と言っていたので、「まだいいや」と思っていました。

が、ついこの間、やっとこさ行ってきました。

お店はダウンタウンにあるジャンクション・スクエアと同じような顔ぶれ。スポーツ用品店やかばん屋さんが多い印象。レストランは3軒ぐらい使えそうな感じ。シュエカン・ホットポットも入っていましたが、こちらはなんと「ひとり鍋」でした。

広々として明るい。たぶん、今、ミャンマーで一番イケてる新しいショッピングセンター。
だけど、エレベーターの場所を示す表示がなかったり、トイレが非常口を出たところにあったりと、フシギなことも。。。ま、覚えてしまえばなんてことはないんでしょうけど。

そこで見つけたミャンマーならではのマーク。 なんだかわかります??

IMG_5975_R.jpg

他のショッピングセンターでは気づかなかったけど、あったのかな??

左はご存知、ノースモーキング。

問題は右。NO BETEL。アップにすると(入口のガラス扉を裏から撮ったので反転しています)

 IMG_5882_R.jpg

血を吐いているのか?!と思いきや、これは昔は広く東南アジア一帯で行われていたキンマ(キンマの葉に石灰を塗り、ビンロウの実を包んだ噛む嗜好品。ミャンマー語はクーンというらしい。詳しくはこちら→キンマ)を吐き出している姿。それに×がついているというわけで、キンマ禁止のマーク。


昔からの伝統とはいえ、道端で赤く染まった唾液をペッペッと吐いているのはあまり気持ちのいいものではないし、吐き出されたツバはやはり汚いと思ってしまうので、禁止していただいた方がありがたい。

まあ、ペッペッと吐いているのは屋外で、今までショッピングセンターなど屋内では見たことはないですけれど。

最近は都市部の若い人の間ではキンマを噛む習慣は急速に廃れつつあるようですが、まだまだ多くの人が道端でペッペッとやっています。

ミャンマーらしいといえばらしい風景ですが、いつまでこの習慣が残るでしょうか。




.                                     . 拍手する

モーヨンジー

2月12日はユニオンデーでお休み。

ユニオンデーとは、1947年、少数民族代表と独立に向けて交わした「パンロン合意」を記念する日で、「連邦の日」ともいうそうです。

前日車で通りかかったら、式典が行われる人民公園にはたくさんの椅子が並べられていました。

3連休となったこの週末はヤンゴン脱出組が多数!

ある人はバンコクへ、ある人はKLへ。はたまたカンボジアへアンコールワットを見に行くという人もいました。

残念ながら、我が家は国外には行かず、1泊2日でモーヨンジ―湿地に行ってきました。

モーヨンジ―は水鳥の宝庫。乾季に入ってすぐの前回と比べると、見られる鳥の種類はだいたい同じでしたが、数が違いました。

詳しくはまた後日。

ちなみにモーヨンジ―を音声認識で検索すると「もう4時」になります(爆)




.                                     . 拍手する

2016年

2016年が明けました。

昨年、身内に不幸がありましたので、新年のご挨拶はひかえさせていただきます。

ミャンマーに来て、約半年が過ぎました。

思いのほか忙しく、ぶろぐも書きかけのものがたまっていて、アップしないうちに旬を逃してしまい、最近はとんとご無沙汰でした。

「このままでは消えてしまうよ」とだんなに言われ、今回はとりあえず、「ミャンマーでなんとか生きてるよ」という生存報告です。

私は朝6時に起きて、娘とだんなのお弁当を作り、週2回はミャンマー語。放課後は娘の習い事の送迎をしています。

サービスアパートメントなので、掃除がついており、そこはとっても楽をさせてもらってます。←殴られますね・・・。

洗濯と料理はちゃんと自分でやってます。(当たり前!)

先日、学校で身体測定があり、2学期とくらべて身長は2.5センチ伸びたものの、体重は変わらず・・・。ということはつまり痩せたということ。娘はもともと食が細かったけど、ミャンマーに来てさらに食が細り、ちょっと心配。

日本では学校給食もあり、栄養士さんがちゃんと考えたメニューなので、栄養面からも安心だけど、自分のお弁当の貧相なこと・・・。でも、たくさん詰め込んでも、残してきてしまうし・・・。それが悩みの種です。

ミャンマーは今乾季で、1年で一番過ごしやすい時期と聞きます。たしかに朝晩は涼しいのですが、昼間は日差しが強いので、暑いです。むしろ雨季のほうが日差しがない分、涼しいかも。ただし湿度が高いので、不快指数はめちゃ高いと思いますが。

先週から学校が始まり、娘は年末年始からのハードスケジュールがたたってダウン。2日学校を休みました。疲れと、食べたものが悪かったのか、夜中に嘔吐。気持ち悪くて眠れず、食欲もなく・・・とかわいそうな状況でした。

今週末が運動会。暑い時間に運動会の練習があるようで、体力がもつかと心配。

私は元気ですが、娘の学校生活では悩み事が多く、娘がハッピーな1日を送れるよう祈る毎日です。

.                                     . 拍手する

バードウォッチング@ゴルフ練習場近く

いつもはインヤーレイクホテルの周りでバードウォッチングをするのだけど、先週の日曜日はインヤー湖のゴルフ練習場の近くの道を歩いてみた。

最初に小サギに会う。至近距離からで、お目々までバッチリ!

IMG_0245_R.jpg


それから少し歩いたところで、木の上から声がするので立ち止まった。

「ん?? 何かいる?」
「あっ! あれ! 頭が赤いよ!!」

葉っぱの間をチョロチョロ飛び回る小さな鳥を発見。

10センチもないぐらいの小さな鳥。

この日はカメラが1台だったので、責任重大。何枚も撮った中の厳選2枚がこちら。

IMG_0258_R.jpg
どうしても下からのアングルになってしまうので、頭から背中の赤はお尻のほんのちょっとしか写っていない。

IMG_0253加工_R
何かくわえている。木の実かな? この写真だと、うっすらと頭とお尻が赤いのがわかる。


名前を調べようと日本の図鑑をみてみたけれど、載っていない。日本にはいないのかな?

Birds of Thailandという図鑑で、体の色や形、大きさから、なんとなくこれかな?という鳥にあたりをつける。

小さな鳥は確か後ろの方だった・・・。大きさ・形からFlowerpeckerじゃないかと推察。

Flowerpeckerをインターネットで検索する。

画像を見ると、頭から背中にかけて赤い鳥が! きっとこれに間違いない!! 和名もハナドリだとわかった。


最終確認はパパの知り合いの紹介による鳥の専門家。

頭から背中にかけて赤いので、セアカハナドリ(Scarlet Backed flowerpecker)だということでした。スカーレットってかっこいいね。

この鳥もこちらでは普通に見られるとのこと。でも、じっと目を凝らさないと見つけることはできないくらいすばしっこい。


小さな鳥との出会いに大興奮の私たちでした。

.                                     . 拍手する

日本からの郵便物

先週の火曜日、部屋にこんな紙が届けられていた。

IMG_1727_R.jpg

ミャンマー語なので全く分からず、レセプションのお姉さんに聞いてみると、

日本から荷物が届いているから、郵便局に行け、ということだった。

場所は中央郵便局。その紙を見せると、なにやらミャンマー語でまくしたてられて、「このおばちゃんについていけ」というようなことを言われる。外に出てしばらく行くと、おばちゃんはここまで。で、ずっと先のほうを指さして、やはりミャンマー語で何か言っている。

とにかく「向こうなんだな」と思い、どんどん歩いていく。行く先々で「もっと向こう」(たぶん)と言っている。

中央の受付からだいぶ離れたところに、海外からの小包受け取り所らしきものがあった。

よくわからないので、ドライバーさんにも来てもらい、そこで例の紙を見せる。

「あっちの椅子で待て」と言われ、ドライバーさんと待つ間、郵便局員のお姉ちゃんの観察。

制服はなく、お疲れなのか、机の上に突っ伏している。

「彼女は、お疲れのようだね」と私が言うと、

「朝10時に出勤して、12時に昼ごはん。3時半には家に帰る」と、公務員はお気楽な商売だよといいたげなドライバーさんの言葉が返ってきた。

はっはっは・・・。笑うしかない。

名前を呼ばれて、荷物を取りに行く。中を開けられ、「これは何だ?」と聞かれ(たぶん)、「日本の薬だ」と答えたドライバーさん。

中身はなんと!!

納豆菌でした!


IMG_1779_R.jpg

8月に一時帰国したときに、私が「納豆が食べた~い!」と言っていたのを覚えていてくれた友達が、わざわざ送ってくれたのです!
ありがとう

彼曰く、「日本の薬はミャンマーにはないから、関税も安くすむはず」とのこと。

どきどきしながら会計に行くと、「1100チャット(だいたい110円)です」とのことでした。

基本、大豆を煮て納豆菌をいれれば、納豆ができるらしい。雑菌が入らないように注意しないとね。

今度、是非納豆を手作りしてみます!! 乞うご期待?!




.                                     . 拍手する

インヤー湖の青い鳥

娯楽の少ないヤンゴンでの週末。

私たち家族はヤンゴン市内の大きな湖、インヤー湖で過ごすことが多い。

で、何をするかというと


今年の年初に、インヤー湖で青い鳥を見つけたのが、バードウォッチングへの扉だった。

ヤンゴンに来て3か月。お天気に恵まれればインヤー湖に来て、鳥を探した。

しかし、なかなか青い鳥には出会えなかった。

「時期が違うからかねぇ・・・?」

「お正月まで待てば会えるかな?」

と言っていた矢先。

ついに!!

あの鳥に出会えました!!

お正月の時と同じ木。青く輝く翼が見えた!

カメラで鳥の姿を追う。

「カワセミ? ブッポウソウ??」と娘が言う。

娘は鳥がダイブして魚を捕るところを狙うという←む、むずかしくないか??

P9190657_R.jpg

結局、水に入るところは高度すぎて撮れず。。。しかし、水から出たところは撮れました!


私もカメラで狙ったけど、最初の位置では葉っぱが邪魔し、

IMG_0155_R.jpg

2,3回のダイブの後はおなかがいっぱいになったのか、長いこと動かず、今度はに邪魔され、これが限界。

IMG_0212_R.jpg


しか~し!
娘は、しっかり青い鳥の姿をとらえていた。

P9190646加工_R

今回はMちゃんの圧勝!!←パパ談

私はこれが限界でした
IMG_0153加工_R

インヤー湖の青い鳥はアオショウビンでした。
(ブッポウソウ目カワセミ科なんですって。おお! Mちゃん、結構近いとこいってたね!)

こちらではそんなに珍しい鳥ではないようですが、私たちにとっては新種を発見したぐらいの喜びでした(((o(*゚▽゚*)o)))

.                                     . 拍手する

ミャンマーのおみやげ

夏休みに一時帰国するとき、おみやげをどうしようかと考えた。

できたばかりのママ友に、いろいろ聞いてみた。

みなさん、第一声は「あんまりないんだよね~」ということだった。

ボージョーマーケットに行けば、民芸品などが売っているけど、タイで見たようなものが多かった。(今年の年初に来た時に見た) それに4年生ぐらいになると、民芸品もむずかしい。女の子はそれでもまあまああるけれど、男の子にいたっては皆目見当がつかない。

ミャンマーのクラフトならpomelodacco
あとは食べ物。
男の子には絵葉書
決定!


pomeloはダウンタウンのモンスーンレストランの隣。
フェアトレードの製品を販売している。なんとなく西洋人好みかな。ミャンマーの布で作ったロンジー(巻スカート)はサイズが西洋人用なので、私が穿いたら胸まで隠れそうでした。

IMG_0514_R.jpg
今回買ったのは、ポーチと筆箱、それに張り子のきりん(娘用)。20センチ×5センチぐらいの布の両端にファスナーがついていて、くるくるファスナーを閉じると筆箱になる。いろいろな民族の織物でできている。4000~4500チャット(400円~450円ぐらい)。


daccoは、オーシャンショッピングセンターの近く。初めての場所で、ドキドキしながら行ったが、無事到着。 

オーナーは日本人の方なので、店員さんもカタコト日本語を話す。ちょうど日本人学校が夏休みに入るちょっと前だったので、皆さん一時帰国用におみやげを買ったらしく、一番品薄の状態だったよう。各民族の織物でできたランチョンマットやコースター、かごなどが売っている。

私たちは

•ミャンマーの各地域で守り伝えられてきた伝統文化の継承と発展
•生産者の生活環境改善と生計向上
•ミャンマー産品の発信       

をテーマに活動を始めました。

とホームページにある通り、ミャンマーの手仕事を製品化しています。

IMG_0515_R.jpg
今回は娘のお友達用に、ミャンマーのいろいろな民族の織物でできたシュシュ(2500チャット:250円ぐらい)、ママ用にカチン族のバッグ(4500チャット:450円ぐらい)を買った。


食べ物はピーナツ、ゴマ、カシューナッツのBrittle(飴で固めたもの)。それと最近発売されたというエースコックのミャンマー風のインスタント麺。まだ自分では食べてないけど、1つずつ買ってみた。商品名はHANA。

IMG_0513_R.jpg


ほかにも殻付きのカシューナッツが有名らしい。お酒を飲む人には、おつまみにうってつけ!これは次回買って帰ろう!

IMG_1661_R.jpg
ピーナッツの薄皮のような皮がついていて、それをむきながら食べる。塩味がついていておいしい。


絵葉書は、中央郵便局で買ったもの。よく途上国では路上で売ってたりするよね。ヤンゴンではまだ見たことないけど。


夏休みに会ったお友達に配った。みんな喜んでくれたかな??

.                                     . 拍手する

今日のタクシードライバー

私はミャンマー語の学校に行くのに、タクシーに乗る。

だいたい、数字ぐらいはわかる人が多いけど、「英語で会話をする」というところまでできるタクシードライバーはあまりいないように思う。

こちらもミャンマー語ができないので、会話は、乗車時の「ミンガラバー!(こんにちは)」と降車時の「チェズティンバーデー(ありがとうございました)」のみ^^;

ところが、今日のタクシードライバーは違った。

”Are you Japanese?”

”Yes.”

から始まって、私が日本人だとわかると、日本語で話しかけてきた。

聞けば、日本の港で、コンテナ船で働いていたそうなのだ。横浜にも行ったことがあるという。

イミグレーションにも、船員専用のカウンターがあるぐらいなので、船員として海外に出る人は多いんだろう。

稼ぎはよかったけれども、やはり家族と一緒にいたいと思い、船員をやめて車を買い、今はタクシードライバーとして働いているのだという。

お兄さんが、日本人と結婚しているそうで、携帯は兄からのプレゼント。ドコモの携帯だった。ひとり娘の写真も見せてもらった。

ちょっと前までは、生活費もさほど高くなかったらしいが、最近は物価がどんどん上がっていて、「なかなかヤンゴンの生活も楽じゃないよ」という。

ミャンマー語の海外ニュース中心の新聞を読んでいて、安倍首相の話とか、中国の話などもする。ミャンマー人の間では、中国人は評判が悪いと聞いていたけど、彼は、「中国人ではなく、中国のポリシーが悪いんだ」と言っていた。

日本語はカタコトではなく、それなりに文章で話している。私もミャンマー語を習い始めて初めて知ったのだけど、ミャンマー語と日本語は語順が同じ。だから、日本語は「覚えやすかった」という。

英語日本語交じりでの会話は結構楽しめた。


そうこうしているうちにタクシーが学校の前に着いた。

なんとなく、今日はいいことありそうな・・・。←ホントか??

「さようなら」と言って、そのタクシーを降りた。

.                                     . 拍手する

Appendix

いらっしゃいませ

:

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

↑ 1日1回ポチしてね
:

プロフィール

まなまま

Author:まなまま
はじめまして。まなままです。家族は夫ひとり、子供ひとり、犬1匹です。タイ在住通算11年ぐらい。まだまだお姫様に手がかかるので、ぼちぼちと更新していきます。よろしくお願いします。

最近の記事

FC2拍手ランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。